読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chiaki Photo

日々感じること・写真について書いていきたいと思います♡

みずすず日記1〜みーちゃんのガッツと名言〜

みんなで子育て日記

みずすず日記・序章はこちら
http://chiakiphoto.hatenablog.com/entry/2016/09/24/162224

初めてみーちゃん(小6)すずちゃん(小4)に会った印象は

「二人とも、キャラクターが立っている!そして頭が良すぎてセンスのある最先端の子たちだ・・・」

でした。
みーちゃんは、クールビューティー。初めての人に会うと、「どーも」「こんちは」的な言葉を発してサラッとしているテンションが面白い。笑 でも、実はにゃんにゃん甘えてきてくれる可愛すぎる女の子!頭が良くて冷静で、笑うととっってもキュート♡
すずちゃんは最初はとっても恥ずかしがり屋で人見知り。でも、打ち解けるとすずちゃんワールド全開!いつも感情全力でチャーミングで、元気いっぱい甘えてきてくれる!!声が本当に鈴の音みたいで、いるだけで場を明るくしてくれる可愛すぎる女の子♡

二人に会った初日は公園に遊びに行って、何故か本気でお相撲をとった。
みーちゃんは本当にガッツと気迫があって、何度お相撲をしても決着がつかない・・!
うまく足の隙間に入り込んできて、持ち上げようにも無理。
結局休み休み本気で15回戦くらいしたんだけど、ひたすら右足の同じポイントを攻撃され続けて疲労蓄積、負けたのは私だった。(!)
本気で喜ぶみーちゃん。
小学校6年生の女の子に負ける日がくるとは思っておらず、まじでビックリ。。
しっかり作戦を練って一箇所を諦めずに攻めてくる姿勢、諦めずやり抜く姿勢、気迫に私はもう完敗だった。
「この子はまじでやばい・・!すごすぎる・・とんでもない子だ。まじでかっこいい・・」
と早速感じまくった出来事でした。。

そして、二人はどうやらゲーセンが大好きらしい。

みー「よっしゃ、今日のゲーセン、うちは本気でいく!三万円貯金があるんだけど、ATMでおろしてくるからちーちゃん、ちょっと待ってて!」
私「え!!!カード持ってるの?!すごすぎ・・」
みーちゃん「うん、管理任されてるからさ!よし、5000円おろした。まじ今日はやるぞーー」
すず「私も、今日はやるぞーー!」

結果、一時間でおそらく二人合わせて躊躇なく華麗に8000円近く使う(!)
すずちゃんに至っては、私に「お金あとで返すから、ちょっぴり貸して♡」×2回で1100円も追加。(返さなくていいよ、その代わりすずちゃんだけじゃなくてみーちゃんにもお金あげるわ、と渡す。会ったばかりの可愛い子にそんなん言われたら断れない私)

みー「あーー、今日はやったなー、今までで最高額だったよ!」」
すず「今日ゲーセンでこんなにお金使ったこと、ママには内緒ね!いつもはこんなにできないからさー」
私「おおお・・・わかった。にしても、いや、ほんっと使ったね!すごすぎたよ!お財布のお金ほぼなくなったんじゃない?さっき、駄菓子屋でもびっくりするほど爆買いしてたじゃん!二人合わせて1000円くらい・・?」
みー「うん、ほぼからっぽだよ!でもいいの。うち、明日地球が滅びるとしたらさ、お札とか紙飛行機にして投げたり、ぐっちゃぐちゃにしたり切り抜いたりして遊びたいと思ってるから
私「・・・・・(絶句)みーちゃん、まじやばすぎ。すごすぎ。小6でその発想、天才すぎだわ。先生って呼んでもいいですか・・。まじ子供は先生だわ・・」
すず「うん、そうだね!子供にとっては大人が先生。大人にとっては子供が先生だからさ。これから二週間、よろしくね!ちーちゃん先生!

・・・・。この時点でお二人の凄さが伝わっただろうか。
最初っから爆笑、圧倒されっぱなしの私。

その後、私の大好きな友人の一人・ひでちゃん家に皆でいく。(カヤノヒデアキくん)
みー「今日さー、ゲーセンで遊んだこと、ひでちゃんもママに内緒にしてね!あ、あと駄菓子いる?好きなの選んで!」
ひで「ほんとに?ありがとう!嬉しい!これがいい!」←コドモに買収されるオトナ


私「てか、聞いてよひでちゃん・・!みーちゃんすずちゃん、まじやばすぎて・・・・・(上の地球が滅びるくだり、先生のくだりを話す)
すごすぎない?!」
ひで「うわー、まじ流石だわ!みーちゃん、紙飛行機にしたりする他に、もう一つ案があるよ」
みー「何?」
ひで「俺に全額あげるって選択肢」
みー「えー!(ちょっと考える)・・・別にいいよ〜」
ひで「うわーーー!まじで!ありがとうございます!!!」←大喜び
みー「・・・・。ねえ、ちーちゃん。もしかしてちーちゃんの周りって、皆お金ないの?」(私のパートナー的な感じの徹くんやCHAPAWONICAで一緒に活動しているMAYUさん、千秋さんの大切な人の圭吾さんなどなど、色々な人がお金がない話を見聞き知っている。ちなみにひでちゃんも普通のオシゴトはしておらず収入はありません。)
私「・・・!!!!う、うん・・・。そうだね・・・みんなないね。」
みー「げっ・・・・。まじやばいね・・。ちーちゃんそれは大変だわ。御愁傷様です」


もう、この流れに大爆笑!
ひでちゃんは、いやー、最高の友達できて嬉しいな〜!と喜んでいる。

もう、みんなそれぞれ最高すぎる。ちなみに、昨日の名言。
ゲーセンでとった、超巨大ぬいぐるみを持って帰ってきたみーちゃん。

私「えっ!!!でっか!!それ、またゲーセンで取ってきたの?」
みー「そうだよ、3000円くらいでとったわ」
私「やば!!!まじすごすぎ!!」
みー「ちーちゃん、勘違いしないでね。うちはお金で景品を買ってるんじゃないんだよ、お金で楽しさを買ってるの。あ、のんちゃんよかったらこのぬいぐるみいる?(のんちゃんは近所に住む4歳の女の子)」
のん「欲しい」
私「え!!!!頑張って取ったのにあげるの?!」
みー「うん。だってこんなに大きなのあったら、ママにまたゲーセン行ったってバレるじゃん!しかも置くところないし」
私「・・・・」


そして、そんな風に自由奔放に動いたりお金を気にしない姿を見て、私は思った。

・・・・・。これ、完全徹くんやまゆさんじゃん!!!!!!

まじで、一緒すぎる。
だから私はいろんな意味で、二週間みずすずと一緒にいる間注意はしなかった。
しない、というかもはやできなかった。
過去、散々私に対しても周囲に対しても自分に対しても自由にやりまくる徹くんに何度もブチ切れた。
そして、その自由さに怒る私の不毛さや意味のなさを痛感した。
もはやお互いやりたいようにやりまくる以外の選択肢はないな、という結論に行き着いている私は、みずすずといた時間はある意味徹くんと一緒にいる時と似た感覚だった。



そんなチャーミングすぎる二人に、速攻魅了された私でしたとさ。
ちなみに先日ひでちゃんが喫茶店に遊びに来たけどみずすずが漫画に夢中だった日。
「今日はみずすず遊んでくれなかったなー」
と言いながら帰っていく姿が非常にチャーミングでかわいすぎたひでちゃんでした。

f:id:ChiakiPhoto:20160927112823j:plain