Chiaki Photo

Chiaki Photo

全世界出張型フォトグラファーのChiakiです!日々感じること・写真について書いていきたいと思います♡

【素直にハダカのまま生きると決めた とある姉妹の物語】

これは
素直にハダカのままで生きると決めた姉妹が紡ぐ
14通の手紙と人生の物語

 


 


CHAPAWONICA Mayumi YamakuraChiaki Toyozumi がお送りする新体験エンターテイメント

『弔い系自分デストロイエンターテイメント Case1. LETTERS』始動


f:id:ChiakiPhoto:20170919194713j:plain

 

■あらすじ

 

舞台は自由が丘のとあるレトロなマンションー
実の父と母が25年前に他界してしまい身寄りのない金子姉妹は、12年間ここで2人暮らしをしていた。

姉の智子(48)は「私に恋するセラピスト♡」と名乗りながらも自分に全く恋していない。彼氏なし・貯金なし(むしろほぼマイナス)ないない街道を爆走中。

妹の寛子(44)は 女性が輝ける楽園をつくるという夢を持つ女神系メイクアップアーティスト。「心も身体も赤ちゃんみたいにハダカになることで、素敵な世界がつくられていく♡」といいつつも『自己犠牲』『我慢』という鉄の鎧をしょっている、ハダカになれないヌーディスト


2人はお互いにフリーランスで仕事をしつつ貯金を切り崩しながら生活をしていたが、月12万円の家賃の支払いに追われ続けていたー
気づけば家賃の滞納は3ヶ月分36万円。弟には30万の借金。

ついにインターネット・ガス・電気・携帯が止まってしまうー


そんなところにたまたま訪れたCHAPAWONIAのまゆとちあき。
どん詰まり状態の金子姉妹に、2人は『ある提案』を持ちかける。
それは、12年間ずっと一緒にいた2人が連絡を一切取り合わず離れ離れになり、それぞれの旅にでるというものだった。
期間は一週間。
泊まるところは自分で見つけること。
1日1通、誰かに向けた手紙を書き続けること。



2017年9月18日、月曜日。
全財産5000円と白紙のレターセットを握りしめ、彼女たちは自由が丘の家を後にした。

4人のまだ見ぬ予測不可能な一週間が始まったー

 

 


 



もし、このストーリーが、ドラマじゃなかったとしたら?
今現在、今日、この時間も圧倒的リアルで進んでいる物語だとしたら?

あなたは、何を想いますか?
何をしますか?
彼女たちを通して、どんな世界を見ますか?

圧倒的リアルを、世界にたったひとりのあなたに目撃してほしい。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170919184500j:plain




『弔い系自分デストロイエンターテイメント Case1. LETTERS』

letters.themedia.jp

 

 


 
これは、金子姉妹を通してあなたをデストロイする〈LETTERS〉という物語ー



Facebook特設イベントページ開設。
2人の周りに巻き起こる圧倒的なリアルを目撃せよ。


https://www.facebook.com/events/193350794539842/?fref=ts

 
 


 

Produced by CHAPAWONICA

YKJライブがかっこよすぎた件〜ライブチケット自腹プレゼント企画勃発♡〜

みなさま、こんにちは!!!
全世界出張型フォトグラファーChiakiです!

去年に書いたこちらの記事を記事を、貴方は覚えていらっしゃいますでしょうか。


関東を中心に活動中の私の大大大好きな!アーティスト、YKJ。
先日2016年12月に撮影したライブ写真を見返していたのですが、あまりのかっこよさに再びカラダに弾丸を撃ち抜かれたような衝撃を受けました。




f:id:ChiakiPhoto:20170915131131j:plain
 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131101j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131249j:plain



かっこよすぎる。まじで、まじで生きてる。一瞬の命の輝きが、いまも鮮烈に光を放ち続けている。
9ヶ月の時を超えてその感動を、画面の前のアナタに届けたい!!!
ということで、YKJワンマンライブのお写真をみなさまにお届けしたいと思います。

f:id:ChiakiPhoto:20170915134947j:plain

(↑撮影した写真を使ってもらえる喜び・・!なんだか不思議な気持ち↑)


f:id:ChiakiPhoto:20170915130944j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131006j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131048j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131229j:plain



f:id:ChiakiPhoto:20170915131152j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131532j:plain



もう、言葉はいらない。
写真で生き様が伝わる。
表情から、醸し出す雰囲気から、熱量が伝わって来る。



・・・・・。
え???動いてる、実際に歌ってるYKJを見たくなっちゃったって??
そうですよね♡♡そりゃあそうだよね♡私も見たいわ♡笑
ということで、私の一番好きな曲『最愛』をご紹介させていただきますね!!



演奏している時の二人の想いのこもった表情が、心から好き。

 

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131324j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131351j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131453j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131215j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131617j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131709j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131506j:plain

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915131412j:plain


実はこれが初めてのライブ撮影だったんだけれど、楽しすぎて圧巻過ぎて、息をするのも忘れて無我夢中でシャッターを切りました。
写真を通して自分の感動をみんなに伝えられるなんて、やっぱりカメラマンって本当に役得!!!最高なお仕事だ・・!
ライブ写真めっちゃ好きになりました!たくさんしたい!!!

f:id:ChiakiPhoto:20170915134959j:plain



当日販売していた新作のCD 23.4°の限定版20Pフォトブックライナーには、私が撮影した写真が!^^*
購入してくださった方たちが「この写真かっこいい!!」「すごい素敵!」そんな会話をしてくれているのを聞いてYKJかっこいいですよね!!すっごい素敵ですよね!でもそれ私の写真。。ちょっぴりなんだか恥ずかしい。。でもかっこいいですよね・・もにょもにょ・・と、嬉しいのとなんだかむず痒いのと、不思議な気持ちに。。笑
自分が撮影したものが完全に自分の手を離れて、新しい作品になるって初めての体験。
うまく言葉にできないけど、たくさんの人の手に写真が届いて皆を笑顔にしてくれるって「あぁ、迷いながらでも自分を生きてきて、よかったなぁ。たまたま出逢って交差して、ひとつの作品を一緒に作れるって人生の大きな喜びだなぁ」そんなことを思ったのです。

いろんな初めてを本当にありがとうございます!!YKJ♡

 

f:id:ChiakiPhoto:20170915141549j:plain



YKJのおかげでライブハウスの素敵さ・迫力・唯一無二の高揚感をまざまざと感じ、すっかり魅せられてしまった私。

ライブ後にお二人が話していたこと

「ライブって、ショーみたいなものだと思うんですよ。映画に勝たないといけないというか。同じ2時間くらいって枠の中で、いかにリアルにドキドキ楽しんでもらうか。娯楽の一つとして選んでもらえるようになりたいと思っています」

そして私が感じたこと

「YKJみたいに、自分たちの表現に真摯に向き合ってやり続けている人たちが、ずっと歌い続けられる世界であって欲しい。もっとたくさんの人とこの感動を共有したい・・・!!語りたい・・!」

素敵なものをつくっている人がまっすぐに生きていける、そんな世界であってほしい!
てか、そんな世界じゃないなら私は生きる意味ない♡♡笑
ということで!勝手にYKJ感謝祭!ライブチケット自腹プレゼント企画を勃発します!!!♡


 

2017.11.05 Sun

YKJワンマンライブ 月に吠える犬

会場 埼玉・西川口Hearts
http://hearts-web.net/hearts/
開場 / 開演 16:00/17:00
料金 前売:¥3,000 / 当日:¥3,500 +1drink
お問い合わせ 048-254-3345(西川口Hearts)

 
こちらに千明が自腹でチケットを購入してあなたをご招待♡♡
当日は私はカメラマンとして参加する予定です!

「ライブハウスに行ったことないなぁ・・」
「最近音楽とか聞いてないなーー」
「YKJ知らない・・!」
「なんか気になる・・・!」
「千明がそこまで言うなら、行ってみるか!」

そんなそこのあなた!予定あけて行こっっ!♡
是非コメント欄・メッセージなどでご連絡お待ちしております^^*(お友達との複数名での応募もオッケー!)

厳正なるChiaki内抽選を行った上で、当選者の方に個別にご連絡させていただきます✨

 


 


実は8月中旬から正規の撮影依頼が1ヶ月半ほど入ってないという珍しいパターンだったちかごろ(おかげでHP作業やブログがめっちゃ捗っています!!!ぽっかり長めに余白がないと、いろいろできないタイプなんだな、私・・というのを痛感!!)
収入がなくても我慢は一切せず、やりたいことをバカスカやりまくっているため、お財布事情は「あれ????」となっているのですが、そんなの関係ない♡♡笑
みんなにYKJを感じて欲しい!!!!!!!!という熱量が止まらず開催するこの企画。

f:id:ChiakiPhoto:20170915144210j:plain



世界にたったひとりのあなたのご応募!お待ちしておりますっっっ♡


f:id:ChiakiPhoto:20170915144137j:plain



もっとライブの写真を見たい!!という方はこちら

YKJのHPはこちら → Home - YKJ Official Website


開催中の企画*******

徹と千明のCamp-fire
ウエディングフォト&ムービー撮影依頼大募集中!↓


CHAPAWONICA PLAY PAINT
絵描きのMAYUとあなたが一緒に一枚の絵を描き【あなたの中に広がるイマジネーションの世界】を作品にして、その様子をフォトグラファーのちあきが写真と動画で記録する濃密な本気の遊び↓

最新移動スケジュール*************

9月いっぱいは関東近辺潜伏中!!
お問い合わせください!

*予定
9月 関東
10月 新潟&関東&長野&愛知?&仙台?
11月 栃木&広島&東京
12月 神奈川&仙台

近くに立ち寄る際ですと交通費がお安く撮影できます。
是非お問い合わせください♡!

⚪︎⚫︎撮影MENU・料金形態はこちら↓⚫︎⚪︎
http://chiakiphoto.hatenablog.com/entry/2016/12/14/011745

**************
Chiaki Toyozumi

 

みみっちあきの告白部屋 vol.1 〜絶対こんなフォトグラファーにはならねぇ編〜

みなさま、こんばんは!!!
全世界出張型フォトグラファーChiakiです♡

最近急に不定期連載シリーズを抱えている私ですが(¥千明のお金観察記¥ 千明と徹の珍獣日記 etc...)こちらも勇気を出しての新シリーズを公開します!
題してこちら!


『みみっちあきの告白部屋』

 

ぱちぱちぱちぱち!こちらは実は小心者で目立つのが嫌で恥ずかしがり屋、変な時に発動するプチ人見知り性質を抱えている私の、普段あまり人に言えない ‘みみっちい’ !という自分の部分について告白するコーナーです!!!

普段出してるやつが調子がいいものが多いためか「千明ちゃんっていい子だよね!」「本当頑張り屋さんだよね!」「いつもいい感じだよね」そんなことを世間から言われがちな私。でもね。

私、そんなにいい人じゃないんです・・・・!!!(叫)


私は「死にたい!!」となった時や落ち込んだ時、なにか失敗した時は身近な人に速攻相談することができる。常に移動生活で人のお家を転々とさせてもらっているため、超魅力的なスーパーアドバイザーがたくさん周りにいるのです!なんてラッキーなのでしょうか。ネットに悩みをゴチャゴチャ書く前に即解決したり、スッキリしたり、もうええわ、と開き直れたりしてしまいます。
そのためダークな部分があまり見えづらいのでしょうね!

ということでこちらのシリーズは私の懺悔や普段言えなかった告白、毒舌な部分やダークな部分、ダサいちあきが垣間見れるものになる予定です♡笑

それでは早速第一回目♡いってみましょう!!


笑顔フォトグラファー や 本当のあなたを引き出します 売り上げ○倍に! いいね○倍に!なんてフォトグラファーには絶対ならねぇ。と思っている


あああ・・・ついに書いてしまいました。
様々な自分の体験を積み重ねた上で、まじでそう思っています。
だって、ダッサいんだもん。
 


 

1.笑顔至上主義に笑顔でFU◯K♡て言いたい。笑顔じゃなくてもそのままのその人を受け入れたいから。
「笑顔がすごい素敵だね」「千明ちゃんの真顔見たことないわ!」そう言われて生きてきた私。いつも笑顔な自分が好きだった。でも、年を重ねるにつれて、超超苦しい事もたくさん経験した。そんな経験が積み重なるうちに、確実に私に笑顔は減っていった。昔みたいに無邪気にいつでも笑えなくなった自分がいた。そして周りにいる人に「大丈夫?」「千明ちゃんにはいつも笑っていて欲しい」そんなことを言われるような時期もあった。その時のわたしの心境は・・・

「笑ってない私も、私だもん!!!!そういう綺麗キャラを私に求めるのは、やめてくれ!今の私はもう前の自分と違うんじゃ!!!」

心配してくれる気持ちもわかる。前の私が好きな気持ちもわかる。でも、人は常に変わっていくんだ。あなたの理想の私を求めないでくれ!そう心が叫んでおりました。

今でこそ、こんな風に笑顔のことについて言いまくっておりますがかくいう私も、実は『笑顔フォトグラファー』でした。

f:id:ChiakiPhoto:20170911235142j:plain


・・・みなさま、ご覧いただけましたでしょうか?
念のために、もう一度ご覧いただきましょうね♡


f:id:ChiakiPhoto:20170911235502j:plain



はい、こちら大学卒業時のアルバムでございます。
遺影のようにピュアな笑顔を浮かべておっしゃっておりますね★

「世界中のみんなを笑顔にするぞ!!」

・・・・・・恥ずかしくて悶絶しそう!!!❤︎❤︎
写真を通して、世界中のみんなの笑顔を残したいと思っていたし世界中のみんなを笑顔にしたいと思っていた。
人の笑顔が好きなのは今も変わってない。とっても可愛いし、大好き!心からの笑顔の写真が撮れたら本当に嬉しい気持ちになる。
でもね、どう頑張っても笑顔になれない場面なんて山ほどあるって、今ならわかる。
だから、笑顔になれない状態の人の撮影でも、その時のその人から自然と湧き出てきた表情で撮影できたらな、って思うのです。
私の写真は何故かたまたま笑顔の写真が多いから「千明ちゃんは笑顔フォトグラファー!」って印象の人も多いと思うのだけれど、私はぜってぇならねぇ。と思っております。笑

・・・ただ、ものすごい純度の高さで『笑顔フォトグラファー』って名乗っている方を見ると「この人ほんっと最高だな!!」と思います。何でなのでしょうか。不思議や不思議、深み みたいなものって写真や文章から自然と滲み出てしまうんだなぁ、と思います。あとは迷いながらも自分の心の声で『笑顔フォトグラファー』って名乗っている人も、もがいてる感じがいいなぁ!!と思ったりします。
多分、笑顔ってちょおおおおお!わかりやすい ‘イイもの’ だから、カメラを始めたての人って誰もが一回通りがちの道だと思うんです。だからこそ、本当にそれが自分の肩書きになるくらい大事な想いなのか?てのを考えるといいんだろうなって、個人的には思ってます♡

私にとって笑顔至上主義!みたいなやつは苦しい時期があった。落ち込んでても怒っていても、そのままのその人を自然と受け入れられるようなキャパを持った人間になりたいなぁ、と常日頃思っております。

ちなみに、大学時代の私は非常にピュアな心で世界中の皆を笑顔にするぞ!と言っていたので今過去の自分の対面したら「キミはきっと、笑顔にできるね!最高!いいね!」って思うと思います。笑

f:id:ChiakiPhoto:20170912011414j:plain
(卒業式当日に私の愛する写真学校の先生に撮っていただいた写真♡)

 


 
2.本当のその人なんて、どれかわかんない!てか全部本当のその人っしょ!
「本当のあなたの魅力を引き出します」的なことを書いているフォトグラファーの方、いると思います。その人とは ‘本当のあなた’というものが何なのかを小一時間くらい語り合うところからコミュニケーションをスタートさせたい私です。笑
私個人としては被写体になってくれている方を一人のひと同士としてリスペクトして接したいと思っているので「本当のあなた」っていう誤解を招きやすい言葉は使いたくないな、と思っております。
だって・・・私にとっては、本当のその人なんてどれかわかんないんだもん!!!そして撮影の時の苦笑いも作り笑いも緊張の引きつり顔も、全て含めて本当のその人って思ってます!
前提として上記の概念があった上で「本当のあなたの魅力を引き出します」って言ってる人は、まじで尊敬します。私にはできないことだから。。。!まじですごい!!!!かっこいい。。。ドキドキしちゃう。

ドキドキといえば!一度『ドキドキ撮影』モノクロでいつもと違うあなたの魅力を撮影します!というものを企画しました。
その中の参加者のひとり、とある美しい女性のそれはそれは美しい写真が撮れて私や共同主催者の人は「いやー、ほんっと綺麗!!いつもと違う感じだね!」と言っていたのですが後日たまたまその方とお会いした時に感想を聞いたら
「んーっ、私の知ってる私の写真だった!!!もっと違う私も見てみたい〜♡って思っちゃった!」とPOPに可愛らしい笑顔で言われてしまいました。
「まじで?!?!あんなにクールで綺麗な自分、知ってたの?!?!もう・・・それはあっぱれだわ、あなたは!!!」いい意味で負けたーーー!!という清々しい驚きと感情をもらいました。
だって、よく鏡を見ていたり自分を見ていないと、そんな自分とは出会えていないはずだからね!本当に素敵だわ・・・!当たり前だけど、私にはわからないことだらけね!!!

ちなみに、その時の私の写真はこちら↓
f:id:ChiakiPhoto:20170912011008j:plain

  


 
3.相手の領域のことは言いたくないっ!
いいねの数が100倍になる!売り上げが100倍になる!そんなフォトグラファーの方も、たまにお見かけします。そしてそんな人の投稿のいいね数が10桁とかで少なかったら『あなたのいいね数、一体最初どんくらいだったんかい!!!小数点の世界の話だったんかい!』と全力でツッコミを入れたくなってしまいます。
本当にいいねの数が●倍になったり売り上げが●倍になるような写真が撮れている方でそう名乗っている方は、まっじでかっこよすぎて、本当にときめき尊敬の念で見ています。これも私には絶対できない領域だから!!!めっちゃクールすぎてかっこいい!!!
でも、できてないと・・・ダサい!!!!!!
私個人としては、相手の領域のことは一切言いたくないと思ってます。責任持てないし、わかんないんだもん。

 


 
4.ということで、まとめ。私のフォトグラファー哲学

私の好きなあなたを撮影できます(私から見て、いいな!って思うあなたは確実に撮れるよ♡あなたがそれを好きかはわからないけど。でも・・好いてくれるといいな・・・!)
・笑顔は大好きだけれど、笑顔じゃなかったとしても全部そのままのあなた。素敵だと思ってます。その時のあなたをナチュラルフラットに撮影できたらな、って思っています。
事実だけ言いたい!ということで『全世界出張型フォトグラファー』という自分の肩書き的呼び名はとてもスッキリして気に入っております♡




・・・・第一回目のみみっちあきの普段言えない心の叫び。いかがでしたでしょうか?
念のためにお伝えしますが、今回のブログは特定の方をDisるものでは、全くございませぬ。もしこれを読んで心が揺れた方は・・・自分のフォトグラファー哲学と改めて向き合ってみるといいのかもしれませぬ。私も未熟な人間、常に人に揺さぶられて日々を過ごしております。何が自分に引っかかって揺さぶられたのか?と自分と向き合って自分の哲学を確立させていっている修行中の身でございます。周りに人がいるからこそ、自分に気づけるものですね♡同じフォトグラファーでも各々違う分野を担当しあっていると思うし、その人にしか届かない人がたくさんいる。それぞれのフィールドでやりあって、補い合っている世界だと思っております。ありがとうみなさま!!!それぞれのところに、それぞれに合った趣味の人が集まる世界。最高ですね♡

f:id:ChiakiPhoto:20170912011657j:plain
↑自由が丘で行なっているメイクアップアーティスト・Hiroko Kanekoとのコラボ ロケ&ヌード撮影 Baby Photo今月中に受付再開します!♡詳細を待て♡


それでは、アデュー♡♡!

開催中の企画*******

徹と千明のCamp-fire
ウエディングフォト&ムービー撮影依頼大募集中!↓


CHAPAWONICA PLAY PAINT
絵描きのMAYUとあなたが一緒に一枚の絵を描き【あなたの中に広がるイマジネーションの世界】を作品にして、その様子をフォトグラファーのちあきが写真と動画で記録する濃密な本気の遊び↓

最新移動スケジュール*************

9月いっぱいは関東近辺潜伏中!!
お問い合わせください!

*予定
9月 関東
10月8日前後 新潟
11月 栃木&広島&東京
12月 神奈川

近くに立ち寄る際ですと交通費お安く撮影できますので是非お問い合わせください♡!

⚪︎⚫︎撮影MENU・料金形態はこちら↓⚫︎⚪︎
http://chiakiphoto.hatenablog.com/entry/2016/12/14/011745

**************
Chiaki Toyozumi

DEAD AND ALIVE【自分に挑みたい挑戦者大募集!〜PLAY PAINT〜】

みなさま、こんばんは!
DIY超未来系生命活動エンターテイメントCHAPAWONICA です!!
( CHAPAWONICAってなぁに?という人はこちらを見てね♡)

 

今日は私の大好きな企画 PLAY PAINT 〜CHAPAWONICA二人でやってみた〜をお送りしたいとおもいます!
ぱちぱちぱちぱちぱちっ♡♡


PLAY PAINTってなんぞや?というそこのあなた!
説明してしんぜんよう✨


 *****

PLAY PAINT《プレイペイント》

ーじぶんを えがく あそぶ ぼうけんするー

絵描きのMAYUと参加者のあなたが
一緒に一枚の絵を描き【あなたの中に広がるイマジネーションの世界】を作品にして、その様子をフォトグラファーのちあきが写真と動画で記録します

f:id:ChiakiPhoto:20170906234906j:plain

 
真っ白キャンバスの上に好きな色をのせ、2人で思うままに筆を動かして絵を描いていきます。
MAYUが絵の具爆弾落としちゃったり、ガンガン攻めて来て塗りつぶしちゃったり(笑)いろんなことがあるかもしれない♡
失敗しても大丈夫!うまく描けなくても大丈夫!頭で考えなくても大丈夫!
汚くなっちゃっても綺麗になったとしても、なんでも大丈夫。
あなたから出てきたあなたは、表に出たがっている表現されたがっている。
何度でも、何度でもやり直して描き直せるキャパがある遊び

最終的な完成系なんて考えず、ただただ身体が先に動いちゃう経験
やった人にしかわからない、まじで その瞬間 以外ないような体験

あなたの描いている姿やその途中途中の絵をChiakiが撮影します!
最終的に残らなかった途中の絵たちも
キャンバスの下に隠れて、あなたを応援してくれる秘密の存在になってるよ

何度もぐるぐる絵を描いていくうちに、次第に絵の完成系が見えたりしてきます
そこからはMAYUのお助けタイム!
二人でそのイメージをカタチにするために絵を描きます♡


MAYUの導きによって、自分一人では絶対に見れないような不思議な世界を、絵を通して見ることができる。
自分の内側にあふれてきた、なにか。

最後に見えるあなた自身のポーネグリフは一体・・・?!


※ポーネグリフとはONE PIECEに出てくる秘密の歴史が書いてある石碑のようなもの。
わたしたちはPLAY PAINTの絵を、自分たちの未来のヒントが描かれている秘密の〈暗号のような〉〈
未来予想図のような〉ものだと考えてポーネグリフという言葉を使っています。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170906234540j:plain

 *****

・・・なんとなくおわかりいただけたでしょうか。
こんな感じの、本当に濃密な大人の遊びです!
私の大好きすぎる遊びのひとつ♡♡
季節が変わるたびに二人で描いてみよう!ということになっていたため、一ヶ月ほど前、第2回目のSummer PLAY PAINTを開催しました!

(↓第一回目のSpringはこちらを見てね♡↓)


「これからのCHAPAWONICAって、どんな感じになっていくのかなぁ??どんな世界を見ていくんだろう?」

そんな気持ちを抱きながら描いた世界。
それでは、私たちの脳内・・・心の中?
CHAPAWONICAの宇宙を一緒に覗き見してみましょう。
お楽しみください♡

 

どうぞーーー!!!! 


***** 

〜第1ラウンド〜

ある涼しい夏の日。
CHAPAWONICA Summer!を絵に描いてみよう、ということで始まったこちらの絵。
夏らしい爽やかなブルーがキャンバスに乗り、もくもく紫の入道雲が現れました!

f:id:ChiakiPhoto:20170906230841j:plain

 

〜第2ラウンド〜

明るめのThe!夏♡という絵になると思いきや、もくもく雲が少し怪しい雲行きに。
2人が次に一気に塗ったのは深めの赤紫!
「あ、その色、MAYUもイメージにあった!」
「うそ!」
今回の絵は常に『その色、私もイメージおりてきた!』っていうのが続いた。
2人で同じ何かを捉えて描いていたのかなぁ・・?!と思うほどでした。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170906230854j:plain

 

とても深くて、優しくて、暗い中にカラフルさがある色!綺麗な部分を残したくて、思わずクローズアップしてパチリ♡

f:id:ChiakiPhoto:20170906230905j:plain

 

〜第3ラウンド〜

MAYUの黄色い流れ星みたいな細い線が乗ったことによって、カラフルな色の線が次々に生まれる。
黄色いぽんぽんとした大きめの星?も誕生♡
水色の風が吹き、ピンクの電光石火が縦に駆け抜ける。
ここは宇宙なのでしょうか・・・???

f:id:ChiakiPhoto:20170906230911j:plain


〜第4ラウンド〜

 ついに、絵が動き出す!
先に筆を進めたのはMAYU。次々にモチーフがうまれていく。
なんだかおもちゃ箱みたいな、人生の歯車みたいな不思議な世界。Chiakiの頭の中には、なぜか大きく$マーク(線が多いから、$ではないんだけど・・)が降ってくる。
人生の無情な部分を淡々と、冷たくもなく優しくもなく決めるようなルーレットが見えたのです。
どこの国に生まれて、どんな親で、身近な存在が生まれて、死んでいく。
そんなものが淡々と決まっていってしまうような、ただ、そこにある人生のルーレット。
抗えない運命みたいなもの。

「うん、誰かわからないけど、誰かが『いいぞ、いいぞ』って言ってる。当ってるみたいだよ」

そんなことをさらっと言うMAYUさん。 
 
いったん筆を止めた時点では、もはやCHAPAWONICAのこれからを描いているような、謎の記号の地図みたいな石版みたいなものができていました・・。

f:id:ChiakiPhoto:20170906230918j:plain

 
「これ、完全にポーネグリフだね。私たちを置いていってる。というか、絵が私たちの先だね。この子が私たちをこれから引っ張っていってくれるパターンだわ。理解不能な域にいけるなんて最高だね」


どういうこと?!それ・・!Chiakiの理解の範囲を超える発言をするMAYUさん。
PLAY PAINT、なんて面白いんだ・・・!!

  

〜最終ラウンド〜

 ここから絵は少しずつ細かく、丁寧になっていきます。

f:id:ChiakiPhoto:20170907003014p:plain
スマホで撮影したタイムラプスからスクショしてるため、画像が粗めになっております!)


Chiakiの脳内に降りて来たのは、左下にある静かな真っ黒いTV。
漆黒より黒い、吸い込まれるような黒を描いたTV。
頭の中のイメージにじっと目を凝らして奥へ奥へと進む。
少しずつ見えてくる、砂嵐で線を描いたような映像。とても静かな世界。
それを頼りに、筆の後ろ側を使ってガリガリとアクリル絵の具を落として、下にひそんでいる色たちを線で掘り出していきます。

  

f:id:ChiakiPhoto:20170907003027p:plain

 

気づけばChiakiが黒担当になり、MAYUが世界を白く染めていく。
MAYUは白い惑星のような球をふたつ生み出します。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170907003042p:plain


最終地点が全くわからぬまま、絵は先を走り続けます。
「あんなにたくさんモチーフが描かれていたのに、こんなに黒く塗りつぶしてしまって、いいの・・?!」
頭ではそう思っているのに、身体は動き続ける。
黒がどんどんと画面を塗りつぶしていってしまいます。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170907003052p:plain

MAYUさんは、そんな私と対照的に、世界に色を与えていく。
そして生みだしたのが、可愛いお墓。

「この人、死んでるんだけど LOVE LOVE LOVE って、めっちゃ愛が溢れてきてる。可愛いお墓なんだよね。すごくいい感じ」

 

f:id:ChiakiPhoto:20170907004913j:plain

そして、どんどんお墓が増えて来ます。
絵全体に、LOVEのパワーがじーーんと広がる。
静寂が、一気に優しくカラフルに色づいていく。

Chiaki「この絵、地球なのかな?宇宙なのかな?」

MAYU「うーん、どっちもありそうだなぁ。」

ち「地球には、たくさんの死んだ人たちがいるんだね」

ま「うんうん、生きてる方が圧倒的少数派で死んでる人が圧勝多数派だもんね。」

ち「ほんとそうだよね、少数派同士で喧嘩してる場合じゃなさそうだね、なんか」

ま「でも、それが人間の面白さだからね」

そんな会話を繰り広げるちあきとまゆ。


そして、いよいよ生みの苦しみ。
難産に陥ります。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170907005403p:plain

 

 ほぼ完成したようで、何かがしっくりこない。

「ちーちゃん、その左下のTVの黒い部分は、それで完成なの?」

「うーん・・・完成・・だと思う」

黒が多くてぽっかり空いてるから、その子だけ画面全体から浮いて切り離されている感じがするんだよね。あえての真っ黒スペース、絵がそれでOKって言ってるならいいんだけど、うまい表現が思い浮かばなくて描けない、っていう感じだったらもう少し向き合ってあげてほしいな。せっかく一枚の絵として同じ空間に存在しているから、まとめてあげたいというか。存在を大切にして、一個の世界に繋げてあげたいんだよね

 

MAYUさんのアートに対する真摯な姿勢、たくさんの絵を描いて来ているからこその言葉。MAYUさんはそうやって、生みの苦しみを超えて向き合って、作品を完成させていってるんだ・・・!
普段あまり使用しない『絵』というツールを通しての表現、先輩であるMAYUさんが『今までやってきた』んだなぁ、ということを改めて感じた。頼り甲斐があって、私を引っ張って導いてくれる。


そこからゆっくり時間をかけて向き合ったり、絵から離れて遠くから眺めてみたり。
最終的にMAYUさんの

「白い外枠をつけてあげようかな」

という一言で、絵が動いた。
描いてみると、一気に世界がひとつになって、絵が一枚として成り立った!!!!
まるで魔法みたい。

ということで、完成した絵がこちらです、どうぞ!!!

 

f:id:ChiakiPhoto:20170906230923j:plain

「これ、なんなの・・・!!!」

「なんか、CHAPAWONICAの新境地・・・!」

 

普段カラフル大好き♡レインボー命♡な私たち。

なのに今回湧いて来たイメージは二人揃って普段ほぼ使わない黒色。

さらに、普段は全く絵に文字が出てこないのに、二人とも謎に文字の信号をキャッチして

 

・SLEEP

・ABC

・NOTHING

・LONELY

・LOVELOVELOVELOVE

 

そして、タイトルとなった

 

DEAD AND ALIVE

 

という文字が絵に刻まれたのでした。

 

(↑絵ができるまでの全容ムービーはこちら!めっちゃ面白い・・!↑)

 

私の身体の中で 『DEAD AND ALIVE』という文字が黒い闇からだんだんと浮かび上がるように湧いてきたんだけど、意味は未だにわかっていない。
DEAD OR ALIVE どちらかじゃなくて DEAD AND ALIVE なんだ。
最近流行りの『一回自分を殺して、死んで生まれ変わろう!』そんな表面的な話じゃない感じがする。『輪廻転成』『生まれ変わり』そんな言葉でもしっくりこない。『人が生まれて死んでいくこと』そんなすぐにわかるような、当たり前の話でもない。

 もっともっと深い、宇宙の真理みたいなところ。

これは未来の私たちの絵。
今はわからなくても、いつか はっ! とわかる日がくるんだろうな・・・。


*******

この絵を描いたのは一ヶ月くらい前なんだけど、最近少しずつ絵の意味がわかってきた気がします。
死に触れる機会が増え、自分たちが本当にしたいこと、挑戦して生きたいことへの未来地図が見えてきた。
いまはそれを一個一個、遊ぶように本気でカタチにしていく時期。
まさに、この絵が私たちを加速させて先に先に引っ張っていってくれている感覚!


ただいまCHAPAWONICAは頭の中で渦巻く世界を現実化するべく、全力で生命活動を行なっている最中です。
展開に、乞うご期待!!!!!♡

*******

ということで、何が起こるかわからない!一人では絶対に見れない、自分自身の世界を絵を通して見に行けるPLAY PAINTに只ならぬ面白さを感じて、強烈に惹かれているわたしたち。
一緒に遊んでくれるあなたを、大募集しています!


↓詳細はこちら↓

*******

 

CHAPAWONICA Present.

PLAY PAINT《プレイペイント》

ーじぶんを えがく あそぶ ぼうけんするー

まゆと一緒に絵を描いて自分自身の世界へ冒険しに行く、濃密な本気の遊びです。あなたの中のエネルギー全部出してみて欲しい!まゆとちあきも全エネルギーを総動員してお迎えします。絵を描く中で自分の中にあるいろんな感情の場面に出会うかもしれません。綺麗な部分も汚い部分も全部ひっくるめたその時のピュアな自分に出会うことは、生きることの喜びだなって思っています。絵を描くこと自体に意味はなくて、無駄な行為=遊びです。その遊びを本気でやれる隙間があなた生まれた時に、魂がぐわっと動く瞬間を体験できるかもしれません。重い覚悟はいらないので、軽やかなワクワクドキドキを持って来てね!ピンときたあなたのご連絡おまちしています♡質問なども大歓迎です。

【プライス】
¥128,000-

【内容】
まゆとあなたが、その日その場限りのエネルギーを出し合って、一枚の絵を完成させます。その様子、途中途中の絵をフォトグラファーのちあきが撮影して残していきます。
絵の完成までの変化のムービーも編集してお渡しします。
好きな曲をかけて、好きなアロマを焚いて、できるだけお気に入りの空間でイメージを膨らませていきましょう。画材は基本的にまゆが用意しますが、ご自分のもので使いたいものがあれば是非使ってください。途中途中で製作過程を写真や動画で残して振り返れるようにするつもりです。
カップル・お友達同士・仕事のパートナーなど、2人での参加も可能です!
2人で共同で製作することで、何か新たなものが見えてくるかもしれません。

【所要時間】
3時間前後。かなりのエネルギーを使います。
全力で絵と向き合うために、前後の予定は入れずにお越しください。

【場所】
茨城つくばみらい市・CHAPAWONICAの拠点の一つ、シェアトリエmiraiva(詳細はこちら
最寄駅はみらい平駅つくばエクスプレス)です。
普段のおうちを離れ、虫の声が聞こえる自然豊かな環境で集中して絵を描けます。
遠方の場合、あなたの自宅や指定の場所に伺うことも可能ですのでご相談ください。
交通費がかかる場合は別途頂戴します。

【申し込み先】
chapawonica@gmail.com にメール
もしくはFacebookにてまゆかちあきにメッセージをお願いします。


******* 

12万8千円を払って絵を描くって、もしかしたらすごく勇気がいることかもしれない。
そんな出す価値あるの?!ないでしょ!って思うかもしれない。
でも・・・ビビるほど、ありすぎるんです!!!!

きっと、みんな誰もがアーティスト。
生きるということはアートだと思うんです。
普段絵を描かない!アートなんてわかんない!そんな人にこそ、トライしてほしい♡
自分の中に潜んでいるアートが出て来ちゃうから!

自分の絵を12万8千円で買うなんて、まじで最高にセンスあると思わない?♡

このブログを無我夢中で思わず読んでしまった、そこのあなた!
このブログが突き刺さってしまった、画面の前の、世界にたった一人のそこのあなた!

 そう、あなたのことよ!!!!♡♡♡

あなたの内側は、あなたの宇宙は、表現される事を、表に出て来る事を、今か今かと待ちわびてるんじゃない?


よくわからないままでも、飛び込んできて。
あなたの挑戦、待ってるよ。


らぶ & ぱぽぷ ♡


開催中の企画*******

徹と千明のCamp-fire
ウエディングフォト&ムービー撮影依頼大募集中!↓


最新移動スケジュール*************

9月いっぱいは関東近辺潜伏中!!
お問い合わせください!

*予定
9月 関東
10月8日前後 新潟
11月 栃木&広島&東京
12月 神奈川

近くに立ち寄る際ですと交通費お安く撮影できますので是非お問い合わせください♡!

⚪︎⚫︎撮影MENU・料金形態はこちら↓⚫︎⚪︎
http://chiakiphoto.hatenablog.com/entry/2016/12/14/011745

**************
Chiaki Toyozumi

私が写真を撮る理由はみんないつか死んでしまうからだ。

 

命あるものはみんな、例外なくいつか必ず死んでしまう。
私が写真を撮る理由は、きっとここに帰結するんだと思う。

写真を撮るには必ず光が必要で
その光でさえ、刻一刻と変わり、すぐに無くなったりしてしまう。

だからこそ、その瞬間の光に居合わせた私がどうしてもシャッターを切らなければ、と感じる瞬間がある。
私しかその光を見ていない
私しかその瞬間のその光景に、命に出会っていない
私だけが感じた景色を、会話を、感覚を絵として一生の一瞬に残せること
それを人に見せられる事
写真を見た人が何かを感じてくれる事

それが、好きなんだと思う

 

永遠が存在するのなら、全てが永遠だったのならば、私は写真なんて撮らなくていい
瑞瑞しい朝露に濡れた花の透き通るピンクだって
息を呑むようなオレンジいろの卵みたいな夕日だって
大好きなあの人が傷つきながらも素直に生きている後ろ姿だって
永遠に続いてそのまんまであり続ける、いつでも同じ景色が見れる
そんな世界だったら、写真なんて撮らなくていい

永遠がないからこそ
忘れたくない一瞬や心にずんときた一瞬
いのちが確かにあったということを少しでも形として残すことができたら、と
写真を撮るようになったんだと思う

 

f:id:ChiakiPhoto:20170830220848j:plain

 

**************

 

今から2年ほど前にもらった、私が大好きな純子さんという方からもらった撮影依頼。

 

「飼っている犬・・ポッキーが年をとってきて、体調が良くないので元気なうちに家族写真を撮りたいの。娘と、夫と、みんなで。」

 

私はこういった依頼をもらうと、本当に嬉しい気持ちになる。
その人が、限りある命とともに過ごす時間を大事にしているんだな、ということを感じるから。
大事に心をこめて撮影させてもらいたいな、と身が引き締まる思いになる。

撮影させてもらった写真に、思わず涙が出た。

 

 

f:id:ChiakiPhoto:20170830221431j:plain

 

 

本当に愛された時間を過ごしたわんちゃんは、こんなにも優しい顔をしているんだな。
みんなが共にした十数年という積み重ねた時間が自然と醸し出す優しい空気。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170830222746j:plain

 

表情のひとつひとつから、本当にわんちゃんに対する愛情が胸の奥にまで伝わってくるような、あったかい写真。
撮らせてくれて、ありがとう。
素敵な家族の時間を一緒に過ごさせてくれて、本当にありがとう。
そんな気持ちでいっぱいになった、大事な撮影だ。

f:id:ChiakiPhoto:20170830221435j:plain

 

**********


後日、わんちゃんが腕の中でゆっくりと息を引き取ったという連絡があって再びお家にお邪魔した。
丁度火葬が終わった後で、机の上には遺骨が入った箱と、私が撮影した遺影が置かれていた。
ゆっくり、たくさん、いろんな話をした。いろんな感情が入り混じって、涙が溢れた。
そのあとに純子さんからもらった、このメッセージは、いまも心の中にとても深く深く、残っている。

今日は ありがとう❣️

主人が あんなに嬉しそうに 話しが出来て何よりでした。

結婚して28年ですが
今まで 泣きたくても 頑張っていました。

今朝 パソコンの画面に
ちあきちゃんの 撮影してくれた写真が画面一面にあり それをみながら
声をだして 私の前で 泣き出しました。
初めての事です。

夜も ちあきちゃんは いい子だなと
あまり 人を褒めないのですが

ちあきちゃんの 素直な眼差しで 写しだされた写真 何よりの家族の宝物です。
亡くなってしまったら 本当に あの瞬間の元気な姿が沢山 写真として残っている事が とっても愛おしいく 有難くてしかたがありません。

改めて お礼がいいたくて
ちあきちゃん 素敵なポッキーの瞬間を沢山ありがとう❣️

ポッキーは 人生は短い子供
沢山愛して、沢山遊んで 、沢山食べてぐっすり眠る

とってもシンプルに 教えてくれました。
人生これからも 楽しみましょうね
(^o^)❣️

 

言葉にできない気持ちの波がぶわぁぁああっと押し寄せて、夜中に一人、声をあげて大泣きした。
人生というものを、ぎゅぎゅっと凝縮して、生きるということを教えてくれてるのが、ペットなのかもしれないな、と思った。なんて、尊いんだろう。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170830221445j:plain

 

 

 

f:id:ChiakiPhoto:20170831112912j:plain

 

 

 

f:id:ChiakiPhoto:20170831113024j:plain

 

*********

 

それからというもの、私は新潟に来るとよく純子さんのお家に遊びに行くようになった。
新潟でお邪魔したお家ランキングでトップ3に入るくらいお邪魔した。
その後新しく飼い始めた野良猫のまるちゃんも純子さん一家に加わって、まると遊びながら純子さんとおしゃべりする時間はいつもとても穏やかで優しかった。

 

 

f:id:ChiakiPhoto:20170830230745j:plain

 

 

そんな純子さんが、がんになった、と聞いたのは半年ほど前のことだった。
農家をされていて健康的な生活をおくっていた純子さんが、どうしてがんに?
お会いしに行った時に、ふと口にした言葉がとても印象に残っている


「もう、十分色々なことをやりきったな、人生を楽しんだな、て思う自分もいるの。それでもやっぱり死ぬのが怖くなる時もある。死ぬことを受け入れられる時もある。溶けて還っていくだけだから、もういつそういうことになってもいいんだけれど、何故か、まだ生きなさいって言われて生きている感覚なの。神様が私にやってほしいことがまだあるみたい。それは、何なのかな・・・」

 

 

*********


少し肌涼しい夏の夜。純子さんが亡くなったということを聞いた。
遺影に私が撮影した写真を使ってくれるらしい。
私は言いようのない気持ちに駆られて、胸の中がきゅうっとあつく、溢れるような何かにかきみだされた。
ふとした瞬間に急に滝のように涙が出たり、ひっこんだり、その繰り返し。
こんな気持ちになるのは、はじめてだった。


「あぁ、生きていないと、写真は撮れない。私と、その人が生きている瞬間しか写真は撮れないんだ。もう、私は純子さんの写真を撮れないんだ」

 

改めて、そのことを感じて、胸がぎゅっと、締め付けられる思いだった。
生きていることは、一続きの当たり前ではあるのだけれど、いつか必ず止まるんだ。
世界中どんな人でも、平等に訪れるもの。それは、死だ。
大統領だってあの芸能人だって、うまれたばっかりのやわらかい赤ちゃんだって、みんなみんな必ず決まっている同じ運命は、死ぬということなんだ。

写真を撮り始めた時からわかっていること。心の底で、思っていること。
どんな人でも、明日があるという保証はない。
今日撮ったこの写真が、もしかしたら最後の写真になるのかもしれない。
相手にとっても、私にとっても。
そうなったときに、たとえ受け入れるのに時間がかかってしまったとしても「あの時写真を撮っていて、本当によかった」そうお互いが思えるような写真を撮りたい。

本当に大事で尊くて大切なことをしているんだ、すごい行為なんだな、写真を撮るということは。それを改めて思い知ったんだ。

f:id:ChiakiPhoto:20170830235240j:plain




********

 

 

そしてようやく、私は純子さんのお家に挨拶に行った。
正直、怖かった。
お家に純子さんの遺影が飾ってあるのを見るのが。

純子さんとは精神的な話をたくさんしていたからか、亡くなっても空気にとけてずっとみんなのそばにいてくれる、包んでくれるだろうな、という感覚があった。
今世で体を持って会えなくなること自体はとても悲しいけれど、亡くなったことによってより近くになれた、という感覚もあった(誰かが亡くなったあとにこんな気持ちになるのも初めてだったから、すごく不思議)


でも、私は、実際に純子さんの死をまじまじと感じた時…自分の写真が遺影になっているのを見た時、どう感じるのだろう?どう思うんだろう?
泣き崩れてしまうのかな・・やっぱり、死は遠くにいって無くなってしまうもの、純子さんと二度と会えなくて悲しい、辛い、って感じるのかな・・

すごく、怖かった。

 

*******



しかし、お家にお邪魔して遺影を見た瞬間に思わず出てきた自分の言葉は、予想の反するものだった。

 


「わぁ、純子さんかわいい・・・!」

 


そして着物を着ているご先祖様の写真が連なる横で
綺麗な白い額縁に飾られたかわいいお花、淡く明るいラベンダー色の背景にお気に入りのファーの洋服をきて優しく微笑む純子さんは、とにもかくにも可愛かったのだ!!!!
そのあまりの可愛さに、嬉しい気持ちと笑みが溢れた。
撮れてよかったな、撮らせてくれて、本当にありがとう、純子さん。
純子さんの優しさや穏やかさが滲み出るような、素敵な写真。
私が撮影した、私が大好きで可愛いなぁ、と思った純子さんの一瞬の表情。

可愛い!だなんて、こんな時に飛び出て来るなんて思いもしなかった。
流石に自分にびっくりして動揺してしまった。



その後、心の中で

『純子さん、仏花じゃなくって可愛いお花の方が喜ぶかなって思って、ひまわり持ってきちゃったよ!!いいでしょ!!』

そう念じながら、遺影の純子さんにお花を見せる。
・・・・。生きているのと同じように、会話ができるみたいな感覚!
だって、写真の優しい眼差しが、驚くほどに、吸い込むように、全部を包み込んでくれるから。

それが嬉しくって、あぁ、亡くなってもやっぱり大丈夫だった、これからも会えるね、って涙でいっぱいになった。

「写真撮られるの苦手なの。でも、千明ちゃんだったら大丈夫!プロフィール写真に使えるような写真を一枚撮ってくれたら嬉しいな」

その時のFacebookの純子さんのプロフィール写真に対して『本物の純子さんのがめっちゃくちゃ可愛い!絶対この可愛さを伝える写真を撮るっっっ!!!』と内心めっちゃくちゃ意気込んでいた私。笑
全部の撮影が終わったあとにお家でリラックスして色々なことを話しながらさりげなく撮った、一枚のこの写真。
撮影させてもらったたった一瞬のことが、いまも鮮明に体と心に焼き付いている。
皆はこの写真を見ながら、純子さんに話しかけて、純子さんのことを語って、思い出して。
これから生まれる子たちはこの写真から純子さんのことを知っていくんだなぁ。
なんて、なんて嬉しいことなんだろう。

 

f:id:ChiakiPhoto:20170830222455j:plain

 



確かに胸にある亡くなってしまったことへの深い悲しみと、今まで抱いたことのない喜びが入り混じる。
それから、純子さんのうまれてからこれまでの写真を大きな一枚にまとめた写真を見せてもらって、旦那さんにいろんな話を聞いた。
節目節目に写真館で残した写真、日常のさりげない写真、昔のセピア色の写真、すべてがすごくすごく素敵で、またとっても嬉しい気持ちになった。
またひとつ、純子さんのことを知れた!
写真って、本当に、本当に素敵だなって心から思った。

そして改めて、純子さんはとても素敵な人生をおくったんだな、子供達を育て上げたりきっと本当にたくさんのことをやりきったんだろうな、って感じた。

「純子さんは心で繋がっている友人や仲間がたくさんいたからね。みんな揃って、『亡くなった感じがしない』って言うんですよ」

そんな話を聞いて、あぁ、亡くなっても心は繋がり続けるから
みんなはこれからもずっと純子さんを、優しさを感じることができるんだろうな。
そう感じられる人たちがたくさんいるなんて、純子さんは本当に周囲にすごいものをたくさん残してくれたんだな。そう感じた。

 

 

ありがとう純子さん。
大好きです♡!!
またね。



*********


正直、純子さんの写真をここに載せてこんなに素直に想いを綴ってもいいものなのか、すごく悩んだ。
でも、以前写真をコンテストに出してもいいですか?と尋ねた時に純子さんがくれた

写真は 私達だけでなく ちあきちゃんのものでもあるよ

ちあきちゃんが 必要な時は いつでも
どこでも 使ってくださいね

撮影の時は 幸せ時間でした。

沢山の幸せが 広がります ように💓

 
というメッセージが響いて「いまの素直な気持ちを、純子さんやみんなに届けたいな」と思った。
そして、この気持ちが近く、遠く、どこかの誰かに、いまこれを見てくれたあなたの心に届いて何か感じることがあったとしたら、とてもとても嬉しいです。



そして、ぜひぜひぜひ!!!!みなさんにも家族写真を残して欲しいな、と心から思います。
おじいちゃんおばあちゃんへ家族写真撮影のプレゼントをする、なんていちばんの最高のプレゼントだと思います!♡
きっと、いつか撮影してよかったな、って思う日がくると思うから。
9月はかなりフレキシブルに全国・全世界動けますので、是非撮影のお問い合わせおまちしております(*^^*)


開催中の企画*******

徹と千明のCamp-fire
ウエディングフォト&ムービー撮影依頼大募集中!↓


最新移動スケジュール*************

9/1以降 関東近辺滞在予定!かなりフレキシブルに全国・全世界どこでもいけます♡
    お問い合わせください!

*予定
9月19.20前後 関西?
10月8日前後 新潟
11月 栃木&広島&東京
12月 神奈川

近くに立ち寄る際ですと交通費お安く撮影できますので是非お問い合わせください♡!

⚪︎⚫︎撮影MENU・料金形態はこちら↓⚫︎⚪︎
http://chiakiphoto.hatenablog.com/entry/2016/12/14/011745

**************
Chiaki Toyozumi